・パーソナルカラーについて

パーソナルカラー診断 って 例えば緑なら この4つの中でどの緑が似合うのかわかる診断だと思っていませんか? それはもちろんそうなのですが 似合わないと言われた残り3つの緑は 着ちゃいけない、と思われる方が多いようです でも着たいから着ちゃう 実は女性の 似合う色を知りたい 似合う色を着たい というのは一筋縄ではいきません...

パーソナルカラー診断 の難しいところは その方の春夏秋冬を診断することではありません 春だからどうなのか、夏だからどうなのかということを お客様の目線になって説明することだと私は思っています たとえば「頭が痛い」という事象に対して お客様:「頭が痛いんです」 診断師:「そうですかそれでは頭痛薬をお渡ししますね」...

日本人はパーソナルカラーウィンターは少ない と都市伝説のようになっているようですがそんな事ありませんよ ウィンターさん沢山いらっしゃいます (講師もウィンターです) ・瞳が黒い方ばかりではありません ・髪が黒々とした方ばかりではありません ・目鼻立ちや、オーラ、性格はそれぞれです...

パーソナルカラーでわたしが1番大事だと思うのが フォーシーズンによる「色分け」よりも「配色」です なのでお客様にも厳密な色分けよりも キーワードによる簡単な色分けをお伝えしております 色名だけで「こげ茶」はオータムのパレットの色ですが ”いろんなこげ茶” がありますし ”何と組み合わせるのか?” も重要です...

美人な人はうらやましいですが あとから目鼻立ちや髪質、足の長さは変えられません ですが全体の半分以上を占めるお洋服は ・毎日自分で選ぶことが出来ます ・メイクや髪型は工夫して変えることができます 雰囲気美人にはなれます おしゃれな人にはなれます もったいない美人さんは素敵な美人さんになれます 雰囲気美人は時として美人を上回ります...