パーソナルカラーのこと

カラー診断をどこで受けても同じというわけではありません パーソナルカラー=自分に似合う色 ではあるのですが そうとらえてしまうとお伝えしたい事が半減してしまいます パーソナルカラー=自分の持ち味  その持ち味がわかることではじめて活かし方がわかります シーズンの出し方はオーソドックスな春夏秋冬を採用しておりますが...

この中のお洋服で どの色が似合う? どの形が似合う? パーソナルカラーを知らなくても 顔タイプ/骨格タイプを知らなくても 実は簡単にわかります なぜこんなに簡単なのに みんなわからないのか? それは世の中に素敵なものが沢山ありすぎるから 世の中は商売のために、プロがあの手この手で上手に買わせに来ます ただ自分のイメージを知っていて...

私物のアクセサリー 最近この手のものが大好きなんでしょうね でもまだまだ見つけたら買ってしまうでしょう 女の人ってそういうもの これが似合うものなら都合がいいけれど 似合わないものだったら都合が悪い 似合うよって褒められても 女の人ってなぜかすんなりとそれを買いません そしてまた褒める方も 客観的な方と主観的な方がいるのも事実 似合うものを買う...

「似合う色がわかると洋服が選びやすいと思ってパーソナルカラー診断を受けに来ました」 そういう方多いです あたりまえじゃないの?って思われた方 あたりまえじゃありません こうおっしゃる方にはいくつかのタイプがいらっしゃいます 1.ファッションが好きで色々やりすぎて自分を見うしなっている...

最近良く使っているカバン達です まとめてみると好みもはっきりしているように感じますが もともとはこういう好みではなかったと思います ただこういう仕事をしていることもあり ものを選ぶ基準として "このカバンかわいい"ではなく "このカバンを持つと私がかわいく見えるだろうな" という目線で選んでいます たまに"好き"だけで選んだものは...

前回記事のつづき 苦手なベージュを取り入れる時のポイントとして ○アウターではなくワンピースで取り入れる >面積の問題です 単体で見ると実面積は変わりませんが アウターだとコートの上から何か着るといったことはありませんね ○アウターは工夫なく似合うものが着まわしもよく普通に便利です ○ワンピースであればたまに着る時にも組合せの工夫ができます...

#パーソナルカラーウィンター 講師はウィンターです ウィンターさんは世間的に少ないイメージの様ですが、ちゃんと平等に1/4いらっしゃいますよ 自己診断の文面ですと 強い顔立ちのイメージですが そんなこともありません 苦手なベージュを攻略の仕方一例 (苦手と実感されている方と、されていない方がいるかもしれませんが、一般的には苦手です)...

パーソナルカラーをもう少し学ぶ(仮) カラー診断を受けて下さった方から 「もう少しパーソナルカラーの事を知りたいです」 とお問合せ頂くことが最近度々あり 今回レッスンが実現しました 内容的には ○ご自身に活かしたい方 ○美容系のお仕事などでお客様に活かしたい方 などご希望に沿って柔軟に変動する予定ですが...

"似合うリップの色が知りたい" という方がよくいらっしゃいます その方により 「似合う色の中で流行を取り入れたい」 「似合う色を定番として使いたい」 といった少しニュアンスの違うご質問かと思います 今回はどちらかというと前者の方向けのお話し 自分の顔を変えようとするときに 1→2 に変化させるより 1→8 に変化させる方が確実に難しいです...

似合う似合わないはちょっと置いておいて まとまりのあるコーディネート を作るためには 色数をしぼるのことが簡単です しかし "ただ色数をしぼる"だけでは "ただの地味な人"になりがち ではどうしぼるのか? また#パーソナルカラー によって 得意なしぼり方が異なります まずは一番上 まさにただ色をしぼっただけの つまらない配色です どなたも似合いにくい...

さらに表示する