・「自分に似合う」の考え方

パーソナルカラー診断士養成 美容師さんは #似合う髪色 のご提案にお役立ちします 水玉堂では 顔イメージタイプも合わせているので #似合う髪型 もご提案しやすくなります 水玉堂はキラキラ、チャラチャラしたご提案はちょっと苦手 本質的なお話しがメインになってきます ご受講頂いている @retropot_ さん 前回より診断がむずかい と仰っていらっしゃいました...

Q.日焼けをすると、パーソナルカラーや似合う色は変わりますか? A.パーソナルカラーはかわりませんが、似合う色は変わります →似合う色が変わるなら、パーソナルカラーが変わるのでは? と思われるかもしれませんが 変わり方としては 似合う物が少なくなる (似合う色が少なくなる) そんな感じです。。。 理由としては 日焼け肌...

・広瀬アリスさん ・広瀬すずさん お2人は似ていらっしゃいますけれど 雰囲気の違いは似合う色かなと思います …………………… 先日のお客様も 双子みたいにそっくりな姉妹様でした お顔はかなり似ているので 「顔イメージタイプ」は同じでしたし パーソナルカラーも ウィンターがベースなのは 変わりませんでしたが 水玉堂では 別のタイプにわけている...

診断士養成講座を受けてくださっている tさんが講師を務めるワークショップ 先月は中止で 結局今回も 自粛期間が延長されて キャンセルの方もいらっしゃいましたが 程よく少人数で開催できました (こちらは数カ月前の記事です) まだまだ自信がないと仰っていますが イラストレーターもされていて 色を見る目とセンスがあるtさん あとは場数だけですよ^ ^...

「黒が似合わない」 そう実感されたり 人からそう言われた経験のある パーソナルカラーウィンター さん 意外と多いんですよね 黒といえば ウィンターさんの代表色です 似合うはずの色が 似合わなく感じることもあります 似合う要素を ・色 ・形 ・イメージ に分けて考えると なぜ似合わなかったのか理解できます この3つは どうしても混乱してしまいますが...

男性は女性とのグループ診断のみのご案内で申し訳ないのですが 受けて頂いた方には大変好評いただいております^^ 男性はカラー診断のみのご案内ですが その理由としては ファッションの選択肢がそもそも女性より少ないので 色だけで十分ファッションが整うからです 女性に色々な〇〇タイプ診断があるのは 雑誌やCMやSNSに無限の情報やビジュアル...

…………………………………… 【イエローベース】 =イエローオークルのファンデーションを買えばいいというわけではありません =肌が黄色いわけではありません =黄味のコスメカラーが似合うわけではありません =髪や瞳の色が明るい/茶色いわけではありません …………………………………… 【ブルーベース】...

パーソナルカラーで使われる4シーズン分類のお話 ただし水玉堂では以下の色見本でのお話はあまりしません (4シーズン分類は診断士には必要な知識ですが) (お客様にそのままお伝えしてしまうと) (「必要な情報」より「不要な先入観」ばかりが多く伝わってしまうためです) 先入観の最たるものとしては 「イエローベース」 「ブルーベース」...

例えば 色味ではなく「多色使いが得意な傾向」の ◎パーソナルカラータイプ ◎顔イメージタイプ というのがあります モチーフではなく「柄そのものが得意な傾向」の ◎パーソナルカラータイプ ◎顔イメージタイプ というのがあります 逆を言えば どちらも苦手な傾向のタイプもあります ……………………… もしも 「パーソナルカラータイプでは得意」 でも...

水玉堂のパーソナルカラー診断では 「似合う色がわからない方」は「似合うベーシックカラーが安定していない方」 とイコールに考えています また「毎日着る」「着回す」ベーシックカラー方が 現代ファッションにおいて断然優先度が高いのです 遠回りに思えるかもしれませんが ベーシックカラーが安定すると...

さらに表示する