着物の季節や格って難しそう…

こちらのページに一通りまとめてみましたので

お役立て下さい^^


着物の格・ルール

まず、着物には2つのルールがあります

■格 「カジュアル」「フォーマル」「冠婚葬祭」

■季節 「単衣」「薄物」「袷」

 

カジュアルな着物に、フォーマルな帯や小物は使いません

 

結婚式のドレスにスニーカーでお出かけしたりしませんが

きれいめワンピースではスニーカーで外したりすると思います

 

きれいめワンピースはフォーマルではないけれど

合わせるものによって着まわしのきく便利なもの

 

そんな存在も着物にはあります

 

格って難しいと思ったけど洋服と同じ感覚なのですね

 

■着物の場合の格というのは

「素材」「絵柄の位置」「金銀使い」で決まります

 

■着物の場合の季節と言うのは

「素材」「仕立ての仕方」で決まります

 

冠婚葬祭とフォーマルは定番のものなので、そこだけ少し覚えて

それ以外がカジュアルだと思って

洋服のように色と質感でコーディネートすると安心で楽しいと思います

 

 

●フォーマル着物の最低限のルール

①格の高い紋入り「染めの着物」に金銀を織込んだ重たい「織の帯」が一般的

②白足袋・白半襟。小物・履物も礼装用があります

 

●カジュアル着物の最低限のルール

↑の礼装用・喪服用をさければ洋服の感覚で好きに合わせてOK

 


着物季節・仕立て

・袷(あわせ)… 

秋・冬・夏 …裏地のある仕立て

 

・単衣(ひとえ)… 

初夏・夏・秋 …裏地のない仕立て

 

・薄物(うすもの)

夏・盛夏 …絽と紗という透け間の強い生地

紗は透け透けなので盛夏のみ、絽は多少着用期間が長い

 

・浴衣…

近年単衣着物との差はどんどん近くなり、半襟を入れれば単衣と同じ感覚で着てOk

 

 

着物季節表

着物の季節 表

●は一般的な着用期間(やや現代風)

○はカジュアルシーンでは体感により

●と○の境目もカジュアルシーンでは体感により

※結婚式でホテルで着物を着用する場合には袷の着物と小物でOK

 

 

 


着物の季節・柄

・着物の柄には季節がある

・季節の先取りがおしゃれ

・季節ではないお花を着てはいけない

・抽象柄は季節を問わない


着物に興味を持って検索すると、出会う言葉です

では抽象柄とは?


なんの花が分からなければ、抽象柄です!と感じますが

どのくらい抽象ならいいのかしら?

 

私が友禅の図案の先生から教わったのは

枝があると写実柄になります

 

抽象柄は模様扱いということです

 

”何のお花か分からない花”

”桜にも梅にも見える花”

”もみじと桜と…”→四季柄

 

は着られる季節を長くする為にわざとそのようにしています

 

 

 


着物の格・柄の表現の仕方

◎染より織りの方がカジュアルです

◎染め方・織り方にも種類があります

◎柄の位置によってもカジュアル度がちがいます

 

●染め

白生地にあとから色柄を染めたもの

 

→染め方で名前があります

 

・友禅(手書きで防染のりを置いて着色)

・ロウケツ(防染の蝋を置いて着色)

・型染(型紙を使って防染のりを置いて着色)

・プリント(洋服のように大量生産可能)

 

→絵柄の場所、絵が縫い目を越えて繋がっているかで名前と格が変ります

 

・留袖(つながった裾模様のみ)

・訪問着(肩模様や裾模様が縫い目を越えてつながっている)

・付け下げ(絵柄が縫い目を越えてつながっていないが柄はすべて上向き)

・色無地(無地)

・江戸小紋(遠目には無地ですが全体に針先のようなドットで柄を表現)

・小紋(全体に小柄で柄に上下が無い)

 

 

●織り

染めた糸で織ったもの

 

→織り方で名前があります。絣は特に産地の名前で呼ばれたりします

 

・縞

・チェック

・絣(絵絣)

産地での名称→大島紬・結城紬・秩父銘仙etc

 

●絞り

生地を糸や板で絞って、色を入らないようにして染め分け&防染したもの

 

・有松絞り

・雪花絞り

・辻が花

 

 

 


着物の格・生地の種類

 ・綸子(絹)…つるテカした生地、地紋があるものが多い/フォーマル(アンティークではカジュアルOK)

 

・縮緬(絹)…よく見るとうねうねした、一見プレーンな生地/カジュアル~セミフォーマル

 

・塩瀬(絹)…ハンカチのように薄めでプレーンな生地/半襟によく使います

 

・紬(絹)…節のある木綿のような生地/カジュアル

 

・大島紬(絹)…一見して節のない紬。柄を良く見ると細かい十字/カジュアル~セミフォーマル

 

・絽(絹)…夏の生地、袷では作れない。ボーダー状に小さい穴が開いている

 

・紗(絹)…夏の生地、袷では作れない。チュールのような一枚では透け透けの生地

 

・木綿…冬でも袷では作らない。素材そのものの厚さで着るシーズンは調節

 

・ポリエステル…値段=品質/高機能の高いものはフォーマルOK

 

 

 

 


帯の分類

・15~17cm幅の帯…半幅帯(カジュアル)

 

・途中まで半分に縫ってある帯・長さ3.6m程度…一般的な名古屋帯(お太鼓が1重・カジュ~セミ) 

・はじめの10 cmだけ半分に縫ってある帯…リサイクルの夏帯に多い

 

・全部30cm幅で名古屋帯の長さ…京袋帯・開き名古屋(お太鼓が1重・カジュアル~セミフォーマル)

・リバーシブルで両面使える帯…昼夜帯

 

全部30cm幅で4.3m程度・金銀光る古典柄…一般的な袋帯(お太鼓が2重・フォーマル)

 

全部30cm幅で4.3m程度・シンプルな色柄・ラメが無いか少し程度…洒落袋帯(お太鼓が2重・カジュ~セミ)

 

 

八寸帯

・生地の耳がそのまま帯の端っこになっている

・芯を入れる必要が無い固めの生地が多い

・生地幅をそのまま使うので、生地幅=帯幅

・カジュアルな帯です

 

九寸帯

 ・両端を縫って裏返したような作り

・芯を入れるので八寸より柔らかめの生地が多い

・縫い代が必要なので八寸に+αの生地幅が必要

・カジュアルな帯もフォーマルな帯もあります

 

◎現代帯は昔の帯より幅も長さもあります

お仕立ての場合には体格によって1cm程度変えられます

ですが、八寸帯・九寸帯という言い方は仕立て方の意味も含むので名称は変わりません

 

 


着物の格・家紋

紋については…

 

・冠婚葬祭…必須

・パーティー…どちらでもいい

・学校行事…どちらでもいい

・普段着/お洒落着…紋入りはおかしい

 

・家紋とは違う洒落紋・花紋というものもあります

紋の位置に入れるかわいらしいオリジナルの模様です

あくまでおしゃれとしてのものです

 

家紋を入れると格が上がると言われている物は

・江戸小紋の3種類の柄

・色無地

ですが紋を入れないほうが着られるチュエーションが多いので紋なしをおすすめしています

 

 

◎リサイクルで購入したりなど自身の家紋と違っても大丈夫です、紋が入っているということで格があがります

◎聞く人はいないでしょうが、聞かれたら親戚から頂いたと答えるのがスマートです

◎レンタルの喪服や留袖には、一般的な五三桐紋などが入っています

◎家紋が分からない方も意外といます、そんな場合にも一般的な五三桐を使う場合もあります

※冠婚葬祭についてはかなり地域がありますので不安な方は周りの方に相談してみてください

※海外ウェディングやガーデンウェディングなどドレスコードが従来的ではない場合には紋は必須とは限りません

 

紋入りとはその家を背負うと言う意味ではなく、作った方のスポンサーの証です

(サッカー選手のユニフォームの企業ロゴのような感じです)

 

そのことから良家では

実家の紋の着ていると沢山着物を持たせてくれた実家の財力アピール

婚家の紋を着ていると婚家および旦那の財力アピール

といった意味合いが出てきました

 

庶民は長屋の大家などから紋付羽織を借りて普段着の上から着ることで格上げしていました

(ジャケット羽織るときれいめファッションの感覚ですね)