根本的にパーソナルカラー診断って?


パーソナルカラー診断 の難しいところは

その方のパーソナルカラーを診断することではありません

パーソナルカラーを説明することです


例えば足し算しかしらない子供に

これは掛け算を使ったら簡単ですよって


3+3+3+3+4+4=20

(3×4)+(4×2)=20




この考え方をどう説明するのかが

パーソナルカラーの診断士の腕のみせどころ


みなさん、まさか色の説明に算数が引き合いに出てくるとは思わなかったかと思います笑


色というのは生まれた時から見ているし


服も生まれた時から着ています


似合う、似合わないもぜんぜんわからないわけでもない


それなのに似合う色がわからないと感じるのは、、 


たしかに根本的な色の見方を変えてみる

....ナシではなさそうですよね?