コーディネートに使う色の数


似合う似合わないはちょっと置いておいて


まとまりのあるコーディネート

を作るためには

色数をしぼるのことが簡単です


しかし

"ただ色数をしぼる"だけでは

"ただの地味な人"になりがち


ではどうしぼるのか?


また#パーソナルカラー によって

得意なしぼり方が異なります


まずは一番上

まさにただ色をしぼっただけの

つまらない配色です


どなたも似合いにくい

似合うとすれば

○デザインとして優れたお洋服

○ヘアメイクもきちんとしている


真ん中の配色は

いわゆる"グラデーション" "ワントーン"

こちらは沢山の色を使っていても

似たような色ばかりなので

色数が絞られて感じます


一番下の配色

お洋服の国、西洋では

「コーディネートは3色まで」

というルールというか習慣があります


西洋の方のコーディネートって

シンプルなイメージがありますよね


それはまさに

この習慣で服を選んでいるからなんです


派手に感じますが

色数は3なのでシンプルにしぼられています


どういったしぼり方が得意なのかがわかっていると

似合う色を着ているだけよりも

"服選び"としてとても役に立つと思います

こういったことも

#パーソナルカラー診断 でわかります