コスメカラーについて


実はパーソナルカラーでわかるコスメカラーは

 

■アイブロウ

■マスカラ

■アイライン

■アイシャドウ

 

 

だけです

なぜならば似合う色がわかるのが

「髪色」なので

髪色に合わせて選ぶ色がわかるからです

 

ちなみに「地毛の色(オリジナルカラー)」は誰でも似合います

似合う髪色というのは

「もし染めるのであればこの範囲が似合いやすい」

ということです

 


パーソナルカラーでわかるコスメカラー

髪の色に合わせるので

髪色が変われば一緒に変わります


パーソナルカラーでわからないコスメカラー➀

■ファンデーション

 

パーソナルカラー=肌の色に似合う色と言われていますが

パーソナルカラー≠肌の色というわけではありません

 

本来はファンデ選びはとっても簡単

パーソナルカラーも何も知らなくても

「実際に塗ってみて、なじむ色を買う」

 

とてもシンプルで簡単な事ですが

わかりにくくなっている原因があります

原因については下記に詳しく書きます

 


パーソナルカラーでわからないコスメカラー➁

■リップ

■チーク

■アイシャドウ

 

色味を足すタイプのコスメカラーは

(髪色との相性やご自分の色素の濃さも加味したうえで)

イメージを作る&補うものなので

「お顔のイメージ」の話しになります

次項に詳しく書いていきます

 

 


色味を足すメイク

 例えば菜々緒さんと杉咲花さんは

■カラータイプが同じですが

■顔タイプが異なります

 

髪色が同じなので

眉&アイメイクは同じ色ですが

 

リップカラーは

流行りの分け方だと「イエベ」「ブルべ」でわかれていますね

ですが実際にはその点は関係がなくイメージの問題です

 

リップカラーは顔イメージから外れない範囲であれば

その日のヘアメイクと服装で変えられますが

 

お二人とも髪色が明るくなるほど似合わないカラーシーズンですので

眉&アイメイクが明るい色になることはありません

(役柄で明るくされたりはされますが)

 

 

ゴールを色ではなく

ゴールをイメージにすることで

違和感が解決することが多いです

診断では客観軸の顔タイプ診断で

お顔のイメージのご提案をさせて頂きます

 


メイク技術

色味を気にされるよりも

「どう使う?」もかなり重要です

 

「濃い色を薄く塗る」のと

「薄い色を濃く塗る」のでは

結果は同じ色で、どちらでもいいのですが

例えば薄く塗れない方は、薄い色を買う

 

技術を補うための色選びという事は十分にあると思います

 

そしてなりより

ベースメイクがうまく作れていないと

カラーメイクは乗りません

自分にとって使用感の良い下地やファンデーションを

めんどくさがらないで

丁寧に塗ってあげるだけで解決することも沢山あります

 


ファンデーション

実はその日に着ているもので

実際に顔の色が変わって見えます

 

 

■実際より黄色く見える顔色

■実際よりくすんで見える顔色

実際より青白く見える顔色

実際よりも赤らんで見える顔色

 

そんな風に顔色が変化して見えているとすると

ファンデ―ションを試しても確かにわかりにくそうですよね

 

何を着ている時が本当の肌色なのか?

はパーソナルカラー診断でわかります

 

ドレーピングでは

「着ているもので自分の顔がこんなに違って見えるのね!」

という体験をして頂けます

ただし布と服でははファッションとしては少し話が変わってきますので

 

■この体験で似合った色≠服として必ずしも似合うわけでもありませんし

 

■この体験で似合わなかった色が≠服として必ずしも似合わないわけでもありません

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが

診断では個々の方に合わせて似合うものを

選びやすいテクニックとしてお伝えしています

 


 

最近はパーソナルカラーの情報が肥大化してしまい

パーソナルカラーを知りたいという方の間口は広がりましたが

 

必要以上すぎる先入観をお持ちの方が増えてしまいました

結局のところ〇〇タイプだから〇〇で大丈夫というような簡単な事はありません

 

パーソナルカラー自体は

ファッションを整えるのにとても便利ではありますが

万能ではありません

 

水玉堂では「顔タイプ」と併せて

個々のお客さまに合わせた

より使えるテクニックとしてお伝えしております

「〇〇タイプだから〇〇で大丈夫」

と言っているように見える投稿も

これだけ投稿数があるという事が

逆説的にそれだけではダメということなのですね

それにしても情報が多いです