パーソナルカラーとコスメカラーの関係

パーソナルカラーでわかる

コスメカラー

実はパーソナルカラーでわかるコスメカラーは

 

■アイブロウ

■マスカラ

■アイライン

■ベーストーンのアイシャドウ

 

 

だけです

なぜならばパーソナルカラーで似合う色がわかるのが

コスメカラーそのものではなく

 

「似合う髪色の範囲」だからです

 

なので髪色と同じ色で選ぶコスメカラーがわかります

(髪と同じ色で選んでいない方は選択の基準はまずはそこから!)

 

 

例えば安達祐実さん

  

 

 

…………………………………

ちなみに「地毛の色(オリジナルカラー)」

が似合わない方はいらっしゃいません

似合う髪色というのは

「もし染めるのであればこの範囲までが似合いやすい」

ということです

…………………………………

 


パーソナルカラーでわからない

コスメカラー➀

■ファンデーション

  

本来はファンデ選びはとっても簡単

パーソナルカラーも何も知らなくても

「実際に塗ってみて、なじむ色を買う」

 

とてもシンプルで簡単な事ですが

わかりにくくなっている原因があります

 

実は私たちはその日に着ているもので

実際に顔の色が変わって見えます

 

■実際より黄色く見える顔色

■実際よりくすんで見える顔色

実際より青白く見える顔色

実際よりも赤らんで見える顔色

 

そんな風に顔色が変化して見えているとすると

ファンデ―ションを試しても

わかりにくそうですよね?

 

パーソナルカラーで直接

ファンデカラーがわかるわけではなく

 

 

 

何を着ている時が本当の肌色なのか?

がパーソナルカラー診断でわかります

 

 

 

 

 

ドレーピングでは

「着ているもので自分の顔がこんなに違って見えるのね!」

という体験をして頂けます

 

 

 


パーソナルカラーでわからない

コスメカラー➁

■リップ

■チーク

■カラーアイシャドウ

 

色味を足すタイプのコスメカラーは

 

・髪色との相性や

・元の色素の濃さも加味したうえで

 

イメージを作る&補うものなので

・「顔のイメージ」の話しになります

 

イエベ(黄味)/ブルべ(青味)

ではないのです

 


コスメカラー以前に

メイク技術

 

色味を気にされるよりも

「どう使う?」もかなり重要です

 

アイラインの色を変えなくても

アイラインの引き方を変えるだけで垢抜ける場合もあります

 

例えば技術を補うためのアイテム選びという事も

十分にあると思いますが

これはパーソナルカラーではありません

 

 

そして皆さん勘違いされやすいのが

肌も髪も「リアルナチュラル」な状態では

似合う、似合わないではなく

強いカラーメイクは印象よく乗りません

  

 

 

作り込むことが可能な顔タイプであれば

作り込めば無限に乗ります

 

 

ですがメイクに頼る以上に

また髪型や眉型はメイク以上に印象を変えます

  

 

「社会人としてきちんとしたいだけ」

という目的はメイクではなく

”ヘアスタイル”で8割解決したりします

 

「目がきつい印象で気にしている」

「メイクしているのにしてないように見られる」

は意外と”眉”で解決したりします

 

 


 

 

最近はパーソナルカラーの情報が肥大化してしまい

パーソナルカラーを知りたいという方の間口は広がりましたが

 

必要以上すぎる先入観をお持ちの方が増えてしまいました

結局のところ〇〇タイプだから〇〇で大丈夫

というような簡単な事はありません

 

パーソナルカラー自体は

ファッションを整えるのにとても便利ではありますが

万能ではありません

 

水玉堂では「顔イメージ」と併せて

個々のお客さまに合わせた

より使えるテクニックとしてお伝えしております

 

 

「〇〇タイプだから〇〇で大丈夫」

と言っているように見える投稿も

これだけ投稿数があるという事が

逆説的にそれだけではダメということ

 

自分で判断ができる「基礎知識」を知りたくありませんか?