おすすめのカラーリップ

 

ップのおすすめは

イエベ/ブルべ

ではなく

 

唇の色が

濃い方/薄い方

によっておすすめが変わります

 

唇の色の濃い方はまず

自分の唇の色に乗る濃さが必要です

(自分の唇の色より薄い色が乗らないのは当たり前ですよね)

唇の色が濃いからと言って

自分の唇の色を消してから

(または消せるような質感の)

リップを塗るのは撮影などのテクニックと思います

どうしても呼吸したり、食べたり飲んだり

 

生活する前提のテクニックではないと思うからです

 


パーソナルカラーではなく

 唇の色が濃い方へ

(「くすみが気になる」「唇の色が悪い」という実感がある方も)

 

ずはおすすめのニベア

リッチケア&カラーリップ

色表記は「ボルドー」となっていますが

ボルドーと一口に言っても幅が広く

こちらは青みが強くないボルドーで

「赤みブラウン」 と言いたくなる色味です

こちらは色としては万人に似合う色なんですよね

 

ちなみに青みが強い色が苦手なブルーベースさんは多いです

本来の「ブルーベース」の意味合いは

コスメには当てはまらないからです

 

つぎにシャネル

レ ベージュ ボーム ア レーヴル

の色表記は「アンタンス」

フランス語のニュアンスはわかりませんが

「激しい」と言う意味だそう

ニベアより口紅に近いものが欲しい方におすすめです

パッケージもかわいい

シャネルの方はいわいる「ワインレッド」

ニベアのボルドーよりも赤味も青味が強く

1度塗り3度塗り、塗り方で発色が変わる商品です

個人的には軽く塗ると丁度よく使用できます

これは私がボーイッシュタイプ(クールカジュアル)だからです

(正直ニベアが丁度いいです笑)

 

メイクカラーは色そのものが肌に合うかよりも

お顔のイメージと出来上がった顔のイメージが

離れてしまうことが似合う、似合わないと感じさせる原因になります

 


 

パーソナルカラーではなく

唇の色が薄い人へ

(「唇の色に関して特に考えたことがない」という体感の方へ)

 

唇の色が薄ければ

物理的に何色でも乗りますよね

 

つまり

全部じゃ〜ん

ってことにはなります

 

薄ければ薄い方ほど何でも乗りますが 

唇の色が薄いのに

乗せた色に違和感がある場合には

 

お顔立ちのイメージと

リップをしたお顔のイメージが

離れている場合か

 

アイメイクやチークなど

他のメイクカラーや髪色などとの

色の相性もあるかと思います

 

イエベとかブルベとか

ではない場合がほとんどです

 

ちなみにお顔にはない色を使うほど

メイクテクニックが必要です