· 

エチケットメイクにおすすめの5品

「ナチュラルメイク 」とゆうと
「ブラウンメイク」と混同されてしまうので
水玉堂では
「エチケットメイク」
と表現しておりますが
メイクをすること=女性のエチケット
だと思っているわけではありません
メイクは最低限でいいんだけどなあという方
または
どのくらいが最低限か知りたい方
お役に立ちましたら幸いです

基本的には
付属のパフやチップは使いません
ファンデーションもシャドウも
「メイクブラシ」筆の形状を使いましょう
ドラッグストアで売っているもので十分です
個人的にはデザインが好きな
無印良品とシャネルを使っていますが
使用感は「シャネルだからいい」という事は
個人的にはありませんでした
ファンデーションはとりあえず
お持ちのもの
お好きなものをお使いください
ファンデーションの前に
「日焼け止め」か「下地クリーム」は使って下さいね
個人的には
リキッドファンデーション
はメイクに不慣れな方には
薄く、ムラなく塗るのが難しいかなと思います
(上手に使えたら問題ないです!)

白系シャドウ(ホワイトラメ)は白くするためではなく
ハイライトとして使うイメージです
目の周りをさっと「Cライン」に軽くなで
ラメがのったらOKです
これはお手持ちのアイシャドウパレットの中で
少し色がついていても、ラメ入りで
一番明るい色でしたら同じように使えます
(この塗り方ですと色自体はほとんど出ません)

アイカラーブラシは

付属のチップから想像するより

2.3倍大きなサイズが使いやすいと思います

 

 


リップはニベア
リッチケア&カラーリップがおすすめです
色付きリップクリームなので使用感もよく
エチケットメイクにはぴったり
自然に唇の難を補正してくれます

メイク初心者さんで
眉の形が流行りの形とは異なり
そのことが気になる方は
前髪を作って眉を見せないことをおすすめしております
他のことに慣れてから
あらためて挑戦してみればよいと思います
「形を変えたい方」ではなく
「眉が薄いだけの方」は初心者さんも簡単ですね
アイブロウ(眉墨)の色の選び方は簡単です
髪の色と同色を選びます
個人的にはスクリューブラシが付いている
ペンシルタイプが使いやすいです
 

メイクではないので
盲点なのが
実は髪の質感です
ぼさぼさの髪に+10メイクするよりも
艶髪に+1メイクする方が
清潔感もお洒落感もあります
ヘアオイル はお風呂上りの濡れた髪に使うことが基本です
ただこれだけの簡単さで
まとまりある艶髪 になるので
ズボラさんにはピカイチにおすすめです
正直「エチケットメイク」の印象は
ヘアスタイルの印象で9割実現します
 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他のトピックス