· 

パーソナルカラーによって似合うデニムカラーは変わるの?

「〇〇タイプだと何色のデニムが似合いますか?」

「パーソナルカラーによって似合うデニムカラーは変わりますか?」

という質問は本当によく頂きます

 

答えとしては

どのタイプでも何色というのは「条件」で変わります

 

まずは「デニム」というアイテムの

3つの基本情報をお伝えいたします

 


➀デニムはネイビーと考えます

 

×【ネイビー】=【ブルー系】=【ブルべ】ではなく

 

◎【ネイビー】=【ブルー系】=【色数】を逆算して考えられます

 

 

「色数の基礎知識」

をまだお読みでい方は

こちらを先にお読み下さい


 

 

②デニムに特有の「ウォッシュ」の捉え方も説明します

 

【ノンウォッシュ】=【単色】

 

【ウォッシュ 】=【同系色】

 

 

 ……補足1……

【ブラック】=【ウィンター】と思われがちですが

【ブラック系デニム】=【ウォッシュ感】の強弱で捉えます

基本的にブラック系デニムでは【単色】が存在しません

 

 ……補足2……

「買ったときはノンウォッシュ」でも

日常のお洗濯により徐々にリアルウォッシュされます

デニムだけではありませんが

デニムは特に要素が変化しやすいアイテムという事です

 

 


➂ファッションとして「顔イメージ」からデニムのポジションを捉えます

 

【こども顔タイプ】=【カジュアルが得意】

 

【おとな顔タイプ】=【カジュアルが苦手】

 

 


【SPRING】

 

▽多色が得意

 

「デニム=ブルー系=色物」なので

コーディネートとして取り扱いしやすいです

 

▽ウォッシュ系の方がコーディネートとして

同系色に寄ってしまう可能性が大きいですが

知識があれば知識がない時よりも

ウォッシュ系もうまくコーディネートできると思います

 

 


【SUMMER】【AUTUMN】

 

▽同系色が得意

 

色の選び方としては組合わせるアイテムから逆算して

お互いに近い色味で決めると◎

 

 

▽ウォッシュ系の方がコーディネートとして

メリハリなく仕上がりやすいですが

知識があれば知識がない時よりも

ノンウォッシュ系もうまくコーディネートできると思います

 

 


【WINTER】

 

▽色数が増えるのを注意

 

「デニム=ブルー系=色物」なので

コーディネートとしてポイントカラーになりやすい

ベーシックアイテムとしては不向きですが

知識があればポイントアイテムとしてうまくコーディネートできると思います

 

▽ウォッシュ系の方がコーディネートとして

同系色に寄ってしまう可能性が大きいですが

知識があれば知識がない時よりも

ウォッシュ系もうまくコーディネートできると思います

 

▽質感としても天然の素材感が過剰になることが苦手です

同じ色でも、例えば

「リネンシャツ+デニム+帆布のバック+コンバース」より

「高密度シャツ+デニム+ナイロンサコッシュ+革靴」などの方が得意です

 

▽「買ったときはノンウォッシュ」でも日常のお洗濯により徐々にリアルウォッシュされます

(ウォッシュ感の強さは天然の素材感も増します、工夫する事柄が増えます)

 

 


【カラータイプ】×【顔イメージ】どちらも得意な方は

何も考えずに好きに何となく着ていても悩みが少ない方です


【カラータイプ】×【顔イメージ】どちらも苦手な方は

すでにデニムに苦手イメージが強い方も多いかもしれません

ただし理由がわかると似合わせる工夫の仕方もわかります


【カラータイプ】×【顔イメージ】得意/苦手がわかれる方は

 

思いがけず似合ったり似合わなかったり

モヤモヤすることが多い方かもしれません

漠然と試すことで、試すことに疲れてしまい

なんとなくいつも同じ…という方も多いかもしれません

理由がわかると、具体的に試せるので選択が楽になってきます

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

その他のトピックス